量子力学④(コンプトン効果)【物理(大学)】
 ボーアの量子論が提案された時代に、光(=電磁波)の正体をめぐる論争が起こっていた。現在では、光(=電磁波)は粒子としても波としても振る舞うという解釈がなされている。光(=電磁波)の粒子性を示す現象の代表例がコンプトン効果である。

 アメリカの物理学者コンプトン(1892~1962)は、X線(=電磁波)を物質に当てたとき、散乱したX線の波長に入射X線と同じもののほか、それよりも長いものがあることを見いだした。この現象は、X線を波動と考えたのでは理解できない!アインシュタインは、X線(電磁波)が粒子であると考え、この現象の計算をした。

 この計算結果は実験結果とよく一致をした。つまり、散乱したX線(=電磁波)の波長が長くなる理由は、入射した光子のエネルギーの一部が電子に与えられ、散乱した光子のエネルギーが小さくなったためである。(エネルギーが小さくなると波長は長くなる。)これをコンプトン効果と呼んでいる。
[PR]
by dyjobyate | 2009-01-31 23:45 | 物理(大学)
<< 空気を読む技術【日記】 量子力学③(ボーア半径)【物理... >>