電磁気学③(力学との接点[2])【物理(高校)】
 力学で「重力場」という概念があります。よく知られているように、地球に住んでいる人々には「重力場」の影響により重力がかかっています。ところで、この「重力場」は誰でも感じるものなのでしょうか。実は、目には見えない「重力場」を感じることができるのは、質量を持つ物体だけなのです。つまり、質量を持たない物体には重力はかかりません。

 それでは、電荷を帯びている物体(=電気を持っている物体)は、どのような「場」の影響を受けるのでしょうか。いくら多くの電荷を持っていても、決して「重力場」には反応しません。電荷は「電場」と呼ばれる場に反応して、クーロン力(=電気の間の力)が働きます。
 
 質量を持つ物体は、重力場に反応して重力がかかり、
 電荷を持つ物体は、電場に反応してクーロン力がかかるということです。 
[PR]
by dyjobyate | 2009-02-17 10:11 | 物理(高校)
<< 電磁気学④(電場の源は?)【物... 電磁気学②(力学との接点[その... >>