<   2009年 03月 ( 29 )   > この月の画像一覧
学会③March2009
 午前中は別の用事があり、午後から参加。実験の内容が中心だったので3日間で一番聞きやすかった。実験系はM1で発表している人も多かったが、何となくM1とわかってしまうのが怖い。僕の大学にはBECを実験している研究室がないので良い機会だった。

 夕方は池袋のジュンク堂へ行ってきた。座り読みができるって素晴らしい。結局ずっと座り読みしていた本を買ってしまった。上手いシステムだ。
[PR]
by dyjobyate | 2009-03-30 23:15 | 物理(現在進行中)
学会②March2009
 午前中は「レビューセッション」に参加。このセッションはその分野を専門としていない人々へ向けた公演が行われる。これまでの研究成果と今後の展望をまとめて伝えてくれるので非常に面白かった。睡眠不足ではあったがそれも忘れるくらい。珍しい。

 午後は自分の専門分野のお話。最近話題のネタを効率良く知ることができた。今やっているテーマが終わったら何をやるのかを決めなくては。幅広い知識は必要だと再認識。

 夜は先輩に誘われ、同じ分野のメンバーと飲んできた。全員博士課程(もしくはポスドク)の方だったので、物理の話をされたら聞くだけで精一杯だった。明日が最終日!
[PR]
by dyjobyate | 2009-03-29 05:23 | 物理(現在進行中)
学会①March2009
 春の学会が立教大学で開催された。(3/27~3/30)

 午前中は「物理教育」というセッションに参加。物理教育をテーマに研究を進めている学生さんや、高校の教師の方や、ちょっと変わった物理学者(?)の方が様々なテーマについて語っていた。量子力学と色即是空を絡めたお話もあり(しかも登壇者は有名大学の教授)、ある意味で新鮮だった。秋の学会はこのセッションも参加してみようかな…。

 午後は自分の専門分野のお話。とは言え理解できる話ばかりではなかったが。最先端の知識を得るには論文を読むか、人の発表を聞くかだと思う。僕は論文を読む方が好きだが、人の話を聞いた方が短い時間で多くの情報を得られる。とても有意義な時間だった。

 夜は高校の同窓会。終電を逃してしまい睡眠取れず・・・。
[PR]
by dyjobyate | 2009-03-28 08:07 | 物理(現在進行中)
BECの定義【備忘録】
 Bose原子集団を考える。高温極限では個々の波動関数の位相はランダムであり、位相の平均値はゼロとなる。低温極限(=転移温度以下)では位相がある決まった値を取り、その結果U(1)ゲージ対称性が自発的に破れ粒子数が非保存となる。(=コヒーレント状態となる。)これがBose-Einstein-Condensate(=BEC)状態である。

 このようなU(1)ゲージ対称性を破ってBECの位相を導入する方法は便利ではあるが、概念的な困難を伴う。例えば容器に閉じ込められた液体ヘリウム4を考える。原子は日常のエネルギースケールでは生成したり消滅したりしないので原子数は確定しており、原子数が異なった状態の重ね合わせは禁止されている(超選択則)。したがって場の演算子の期待値はゼロとならなくてはならないが、BEC状態では明らかにそれを破っている。

 原子のコヒーレント状態を用いて定義されるBECは近似的な概念だが、BECの位相は超流動や量子渦を生み出す基本的な量であるのでこれは不都合である。ゲージ対称性を破らずにBECの位相を導入する方法が非対角長距離秩序(=ODLRO)である。ゲージ対称性の破れは平均場近似の結果現れる見かけのものに過ぎない。
[PR]
by dyjobyate | 2009-03-27 08:54 | 備忘録
論文を読んでいて【日記】
 疑問が出たが細かく記されていないのでわからない。教授に聞いても微妙だったので(先輩に添削をしてもらった上で)本人にメールを出してみた。ライティングは書かなきゃ一生出来ない気がする。
[PR]
by dyjobyate | 2009-03-26 21:03 | 日記
味ん味ん【日記】
 研究室のメンバーと「味ん味ん」という焼肉屋に行こうとしたが10組待ちで断念。別の焼肉屋へ行きひたすら日本酒を飲んでいた。翌日もいつも通り起床できた。お酒が残らないのは若い証拠?068.gif
[PR]
by dyjobyate | 2009-03-25 21:21 | 日記
数学の伝え方【教育全般】
 今日は数学を教える最後の機会だった。過去4年間は高校受験数学、今年は高1・高2数学を担当した。今後は物理専門になるので、数学を教える機会はなくなってしまう。指導法を語るほど偉くもないが、備忘録も兼ねて、未来の自分へ向けて記録しておく。

 ①定義は強調して伝える
 数学は定義(=約束)があっての学問である。定義を疎かに伝えると「定義がわからない」という疑問が生じる。定義を確実に伝えるためには、なぜこのようなものを定義したか、を伝えると良いと思う。例えば、高校数学の「ベクトル」の導入を考える。なぜ「ベクトル」を習うのか、「ベクトル」とは何か、と言ったような疑問を抱かせたらいけない。ベクトルとは「向き」と「大きさ」を持った量である事をしっかりと伝え、速さと速度の違いや、質量と重さの違いの例を出し、ベクトルの存在意義を伝えるようにしている。定義されたものにイメージを与える事が教える側の大切な仕事なのではないだろうか。
 
 ②「出来る」⇒「わかる」の流れも大事
 例えば、微分の定義を考える。初めから「関数を微分したものは接線の傾きだ!」のように教えると生徒は混乱すると思う。(僕は高校時代混乱した。)まずは計算に徹するだけで良い。暗記でも構わないので計算に慣れることが最優先。理解する段階には後から導けば良い。初めから理解させようとすると逆に混乱する場合もある。小中学生の頃は「わかる⇒出来る」の流れでほとんどの生徒が対応できるが、高校数学にもなると「わかる⇒出来る」の流れが通用しない場合もある。(大学院受験の数学もこの流れは通用しなかった。)逆転の発想ではないが、とりあえず「出来れ」ば良い。出来るようになってから理解すれば良い。「出来る⇒わかる」の方が効率の良い単元は多くあるのではないだろうか。 

 ③解き方を覚えない
 数学は暗記科目でもなくパターンを覚えるものでもない。(パターンを覚えたら点数取れるかもしれないが、効率的とは言えない。)自分の頭で理解をしなくては入試で解けるわけもないし、応用問題など手も足も出ない。理解の仕方は個々によって違うのだから、自分が納得するまで頭を使うことが大切。「本当に解ってる?」と常に問いかける姿勢を大切に。一番簡単な方法は自分自身に解説することなのかな。
[PR]
by dyjobyate | 2009-03-24 08:31 | 教育全般
新たなる一歩【リバネス】
 4月から株式会社リバネスでインターンシップをさせて頂くことになった。きっかけは昨年11月の「海外インターンシップ入門」という大学院の企画での出会い。

 研究や予備校との両立がやや心配ではあるが、これからの自分に必要なスキルを得られる環境だと感じた。もう少し忙しくなっても回るはず。来年度が楽しみだ。
e0070254_21183217.gif

[PR]
by dyjobyate | 2009-03-23 08:29 | リバネス
iPod shuffle【日記】
 マラソン練習中は暇になりそうなので、iPod shuffle購入!やっぱこの色が一番でした。

e0070254_23572484.jpg

[PR]
by dyjobyate | 2009-03-22 22:51 | 日記
ハーフマラソン【日記】
 『第44回 六無月東京喜多(北)マラソン』 出場決定!6月7日に走ります。ハーフだから20kmだけど週2くらいでは走っておかないと。何をするにしても身体は資本だ。
[PR]
by dyjobyate | 2009-03-21 23:11 | 日記