このカテゴリの目標【物理(大学)】
 このカテゴリでは、20世紀の物理学で大きな話題となった「量子力学」と「相対性理論」について書こうと思います。僕もこれらの内容の完璧な理解はできていません。自分の知識を整理しながらも、新たな発見をしたいと思います。

 明日から「量子力学」を少しづつ書いていきます。
[PR]
# by dyjobyate | 2009-01-26 23:39 | 物理(大学)
物理がつまらない理由【教育全般】
 理系に進学希望をしている学生は、高2から物理を習い始める。もちろんカリキュラムや学校の進度によって差は出てくるし、中高一貫校であれば中3から物理を習う人もいる。

 僕は高2から物理を習い始めたが、初回の授業は楽しみだった。(これはどの科目でも共通して言えた。)科目の内容はもちろん、どんな先生で、どのような授業になるのか、ということに興味があったからだと思う。ただ、初回の授業を終えた後に、わからないという理由でその科目を嫌いになるケースが多かった。残念ながら物理も例外ではない。

 物理嫌いの高校生の多くは、わからないから嫌いなのだと思う。物理は身のまわりの現象を説明をする科目で、それらを説明する手段が数式だから難しく感じるのだろう。これまでとは違った概念を構築しているのだから簡単なわけがない。

 物理を教える側は何に気をつければ良いのだろうか。誤解を恐れずに言うと、ある程度は誤魔化しつつ進めることが必要だと思う。問題が解けて、物理的イメージが湧けば良いのではないだろうか。僕ならばそれだけでも楽しいと思える。問題を解くために必要な知識を教えて、実際に問題を解き、解いた結果の物理的な意味を伝える。もちろん、誤魔化して教えたところは学生に伝えて、その上で意欲のある人が先を学べば良い。 
[PR]
# by dyjobyate | 2009-01-25 23:42 | 教育全般
ダーツ・バー【日記】
 先週からの計画通り予備校帰りにバーへ行ってきました。
 1人だったので若干緊張しましたが、やはり未知の領域への一歩は楽しいものです。
 と思いきや、予想に反してそこはダーツ・バーでした。

 周りは常連さんばかりで、居るだけでKYな雰囲気を醸し出していましたが、
 狭いお店だったのが功を奏し、ある会社のグループに混ぜてもらいました。
 おかげさまで終電まで楽しく過ごすことができました。ってかダーツ面白い!

 今度は本物のバーにも行こうと思います。 
 明日は久しぶりに忙しいので、ちょっとフライングして更新しました。
[PR]
# by dyjobyate | 2009-01-24 01:15 | 日記
パリティ【日記】
 物理の雑誌を年間購読してみます。本屋で見かけたら手にとってみて下さい。専門的ではありますが、最先端の内容が数式を使わずに解説してあります。
e0070254_16164585.jpg

[PR]
# by dyjobyate | 2009-01-23 16:26 | 趣味・読書
思考回路を磨く【教育全般】
 人の数だけ個性が存在するのと同様に、人の数だけ思考回路も存在する。勉強が得意な人でもスピーチが上手いとは限らないし、スピーチが上手くてもパズルは解けないかもしれない。パズルが得意な人が勉強もできるかと言えば、必ずしもそうとは言えない。誰にでも得意・不得意はあるが、思考回路を磨くことで不得意なものを潰すこともできる。

 例えば、嫌いな科目ランキングで毎年ナンバーワンを飾る「数学」でも、「計算」を苦手とする学生は比較的少ない。計算はある決まったパターンを学ぶと、同じ思考回路で解けるからだ。「関数」や「図形」のような分野でも、基礎的な問題であれば同じ思考回路で解ける。しかし、応用問題となると自分で正解までの道のりを探さなくてはならない。答えを探すこと(=考えること)に拒否反応を示す人ほど、数学で得点を稼ぐのは難しいだろう。わからない場合にすぐに解答を見て納得するような勉強法では、試験で問題が解けるはずもない。(本人談)

 数学に限らず、問題解決のために一番必要なのは自分で考えること。人から教わることも必要であるが、教わっただけでは一夜漬けの効果にしかならない。人から教わったことであっても自分の言葉で焼き直すことが大切。自分で考えた結果・自分で焼き直した結果であれば、ある場面で適応できなくとも本当に必要なときに使うことができる。
[PR]
# by dyjobyate | 2009-01-22 21:33 | 教育全般
道徳教育で自己矛盾【教育全般】
 道徳教育について書いていたところ自己矛盾が発生。
 ひとまず別の場所へ保存しましたが、考えをまとめて再投稿の予定です。

 【教育全般】では時事ネタ&塾・予備校ネタを中心に書こうと思います。
 公立・私立高校のことにも興味はありつつも、やはり情報がないからな…。
 学校公開の時期に見学させてもらう以外にないのかな。
 
 ところで、明日は修士論文の発表会です。僕の発表は来年ですが聴講してきます。
 そしてミスチルのライブチケット一般発売まであと2日。
[PR]
# by dyjobyate | 2009-01-21 23:13 | 教育全般
森博嗣の魅力とは【趣味・読書】
 2年前に森博嗣という作家を知り、今でも定期的に読み続けています。
 きっかけは本屋に積み上げられていた「スカイ・クロラ」という小説です。
 この小説についての知識は何もなかったのですが、表紙とタイトルに魅かれて購入。
 
 「スカイ・クロラ」のような作品に触れた事が少なかったせいか、
 これを読んだ後は釈然としないところが多かったのを覚えています。
 それにも関わらず「すべてがFになる」(←森博嗣の形式上の第一作目)を購入。
 それ以降はS&Mシリーズ、Vシリーズ、四季シリーズと読みました。
 
 森博嗣の魅力を語るほど読み込めてはいませんが、
 まずは登場するキャラクター設定に大きな魅力を感じます。
 さらに推理小説という名目で出版されているにも関わらず、 
 何人もの森博嗣が演劇をやっているのではないかと思わせてくれます。

 ただ、そんな森さんも残すところあと15作(?)しか出版しないそうです。残念。
 そして毎日楽しみにしていた彼のブログの更新ストップも残念。
[PR]
# by dyjobyate | 2009-01-20 22:51 | 趣味・読書