健康第一【日記】
 今日の早朝に腹痛にやられました。
 午前中はオフにせざるを得なかったので午後から登校しました。が!
 研究室に着いても周期的に腹痛が襲ってきて、結局何もできない始末。

 予備校は僕の腹痛に関わらずいつも通りの営業です。
 いつもの3倍くらい体力を使った気がする…。山王工業の一之倉の気持ちでした。

 授業後に飲んだ正露丸が効いたのか、今は落ち着いて気ました。
 明日は朝から活動しなきゃ。そして日記以外の記事も書かなくては…。
[PR]
# by dyjobyate | 2009-01-19 23:52 | 日記
センター試験2日目【日記】
 今日はバイクで行く予定でしたが、天候の関係で電車で登校。
 校門で「入校許可証」を提示した以外はいつもと変わりありませんでした。
 いや、そういえば道に赤い絨毯がひかれていた気が…。謎だ。

 センターの問題をネットで見たのですが、色々と変更点がありますね。
 英語が2つ(リスニング&筆記)に分かれている事実を今日初めて知りました。
 数学を2つ(計算&その他)に分けても面白いと思うけどな。そして古文漢文を…。
 
 とりあえず物理は解いておかないと!なんだか体調が下り坂なので寝ます。
[PR]
# by dyjobyate | 2009-01-18 23:35 | 日記
センター試験1日目【日記】
 今日はセンター試験です。理系科目はどうやら明日のようですね。
 今年は受験生担当ではありませんが、一応問題は解こうと思います。
 
 うちの大学も試験会場になっているため、今日と明日は「入校許可証」が必要です。
 明日はバイクで登校(=裏門から入校)する予定なのですが、
 果たして警備はいるのでしょうか。…いたら驚きです。

 話は変わりますが、1月31日(土)16時より(@自由が丘)東工大の大学院生による
 サイエンスカフェ(=身近にあるサイエンスを伝える企画)があるそうです。
 今回のテーマは「グラスの中のサイエンス」だそうです。

 これは行くしかない!が、17時から授業だ。途中まで参加させてもらおうかな。
[PR]
# by dyjobyate | 2009-01-17 21:47 | 日記
スコッチ・ウィスキー
 来月誕生日を迎える友達にスコッチ・ウィスキーをあげようと思います。
 彼は「シングルモルトがいい」とか言っていましたが、僕は名前しか知りません。
 良い機会なのでスコッチ・ウィスキーについて簡単に調べてみました。

 【スコッチ・ウィスキー(=英国スコットランドで製造されるウィスキー)の種類】
 ①モルト・ウィスキー(原料は麦芽)
 (1)シングル・モルト…単一の蒸留所のモルト原酒(他のウィスキーと混ぜない)
 (2)ヴァッテド・モルト…複数の蒸留所のモルト原酒を混ぜ合わせたもの
 ②グレーン・ウィスキー(原料はトウモロコシ、小麦など)
 ③ブレンテッド・ウィスキー(モルトとグレーンをブレンドしたもの)

 スコッチ・ウィスキーの大半は③のブレンテッド・ウィスキーだそうです。
 違いがわかるようになったらさらにお酒が楽しく飲めそうだ。
 ってことで来週の予備校帰りに横浜のバーに行ってみようと思います。初1人BAR!
[PR]
# by dyjobyate | 2009-01-16 23:52 | 趣味・読書
どこかで立ち読みした内容
 日本人はマイナスのアピールが上手いらしい。具体例が色々と書いてあったけど、
 「忙しさのアピール」「どれだけ勉強をしたかのアピール」のインパクトが強かった。
 自分がそのようなアピールをした経験が多いからだろうな…。

 ただ、なにがプラス(もしくはマイナス)のアピールとなるかは個人の問題。
 内容を議論するのはナンセンスだが、このような本は自分を知るきっかけになると思う。 
 
 この本を読んで(ペラペラめくって)やっぱ量より「質」だと再認識。
 計画を立てればまだまだ暇を作れるし、作業の「質」を追求すれば「無駄」に気づける。
 全てを完璧にやろうとせずにどこで折り合いをつけていくしかない。
 どこで折り合いをつけるかは、自分の実力を見極めればすぐわかるはず。
  
 そうすれば、やりたい事がもっと出来る!と信じて頑張ろう。 
[PR]
# by dyjobyate | 2009-01-15 19:32 | 自己啓発
レーザー冷却の原理(後編)【物理(現在進行中)】
 レーザー冷却の原理理解する上でもう1つ必要な知識があります。
 原子は共鳴周波数に近いエネルギーを吸収(もしくは放出)できるということです。
 共鳴周波数を原子の振動の激しさとイメージして下さい。
 共鳴周波数が大きい(=原子の振動が激しい)ほど、原子の温度は高くなり
 共鳴周波数が小さい(=原子の振動が穏やか)ほど、原子の温度は低くなります。

 さて、光子と原子が衝突(=レーザーを原子に照射)する過程を考えましょう。
 レーザーは周波数(光子の振動の大きさ)を調節することができます。
 レーザーの周波数を原子の共鳴周波数よりもやや低めに設定します。

 最初、原子が持っているエネルギーを100としましょう。
 光子(エネルギー50)が原子に衝突(レーザーを原子に照射)すると、
 原子は光子のエネルギーを吸収します。(エネルギー150)
 このとき原子は最初の状態よりもエネルギーが高くなっています。
 
 しかし、自然はなるべくエネルギーの低い状態になろうとする性質があります。
 しばらく時間が経つと、原子は光子を放出するのです。 
 この光子(エネルギー70)は原子の共鳴周波数程度のエネルギーを持っています。
 ここがミソですね。結果的に原子のエネルギーが衝突前後で下がるという仕組みです。

 100(最初)+50(吸収)-70(放出)=80(最後)
 
 エネルギーが下がるということは、各々の分子運動が穏やかになるということです。
 つまり、レーザーを照射することで温度が下がる(冷却される)ということになります。
[PR]
# by dyjobyate | 2009-01-14 20:12 | 物理(現在進行中)
レーザー冷却の原理(中編)【物理(現在進行中)】
 レーザーを原子に照射すると原子が冷却されますが、その理由を追ってみましょう。
 レーザーは光子(=光の粒)がたくさん集まっているものとイメージして下さい。
 ドラゴンボールで例えると桃白白の必殺技「どどんぱ」みたいなものです。
 一本の光線のように見えますが、実際は光子がたくさん集まっているのです。

 実際に原子をレーザー冷却をする場合の流れを書いておきます。
 ①冷却したい原子を「磁気光学トラップ」という技術を用いて大量に集める。
 ②「磁気光学トラップ」はレーザーと磁場で作られている。
 ③レーザーにより原子が冷却される。

 ②→③で原子が冷却される理由は次回(後編)解説します。
 ちなみに物理では温度は[K(ケルビン)]という単位で考えます。
 定義は0[℃]=273[K]です。[K]を使うと何が便利だと思いますか?
 
 ヒント:レーザー冷却後の原子の温度はほぼ0K(つまり-273℃)となります。
[PR]
# by dyjobyate | 2009-01-13 00:11 | 物理(現在進行中)